Kawai Laboratory


Welcome to Kawai & Takagi Laboratory

ようこそ川合・木研究室へ。表面では、私たちが慣れ親しんだバルクの性質とは大きく異なる物性を多数見ることができます。私たちは、表面に形成される低次元ナノ構造の物性および、固体表面における化学反応に関して、局所プローブを用いた表面解析手法を駆使し研究を行っています。近年は特に、ナノメートル領域の新規機能発現に着目し、金属表面における分子スピンの振舞と分子磁性、分子個々の伝導性、シリセン(グラフェンのシリコン版)やトポロジカル物質などの新奇2次元物質の創成と物性探索、などを走査トンネル顕微鏡や光電子分光法を用いて行っています。詳細は、ResearchDissertation worksのページをご覧下さい。





Department of Advanced Materials Science, Graduate School of Frontier Sciences, University of Tokyo